2006年01月30日

神話がわたしたちに語ること / カレン・アームストロング [書評]

神話がわたしたちに語ること神話がわたしたちに語ること
カレン・アームストロング / Karen Armstrong
武舎るみ

単行本, 角川書店, 2005/10/31

 世界32ヵ国の名だたる現代作家を語り部に、世界各地の神話を今に語りなおそうという「新・世界の神話」プロジェクトの第一弾。ただし本書自体は物語ではなく、世界の神話の歴史を概観し、それが人間にとってどういうものであったかを説き明かし、あわせて現代の我々にとっての神話とは何であるかを考察した書である。世界神話史の概論であると同時に、プロジェクトの基調を成す一冊でもある。

 曰く、人間は意味を求める生き物である。そしてそのために物語を作りだす。神話の多くは、論理的な思考によっては解決できない、日常のさまざまな問題に関する苦しみから生まれた。太古の時代、神話は人生の意味や意義を説き明かし、この世界でより豊かに生きるためには何をしなければならないかを教えてくれる人生の案内書だった。また同時に神話は、論理的かつ実利的な思考、すなわち「ロゴス」と相補的な関係にあった。神話と理性のそれぞれに受け持つ領域があり、人々はそのどちらの思考様式をも必要としていた。

 ところが文明が興り、ロゴスが人間の生活にめざましい発展をもたらすようになると、それに追いやられるようにして、神話に象徴される古い精神性は人々の意識から遠のいていった。しかしロゴスは、人間の根源的な苦しみや欲求に対して、神話に代わるものを産み出すことができなかった。それゆえ中世には絶望感や無力感におそわれる者が現れはじめ、さらに20世紀になると、人々は近代化の途方もない夢が虚像にすぎなかったことに気づき、虚無感や喪失感が広く社会を覆うようになった。現代社会はかつてない危機的状況に瀕しており、そこに巣食う問題の多くは、神話が失われてしまったことに深く関係している。我々には神話が必要である。続きを読む
2006年01月14日

まぼろしのロンリヴィル / エラン・クロバンド [読書日記]

まぼろしのロンリヴィルまぼろしのロンリヴィル
エラン・クロバンド / Eran Kroband
中田香

単行本, 求龍堂, 2005/11

 今年最初の読書日記。読んだのはエラン・クロバンドの『まぼろしのロンリヴィル』。哲学とマーケティングを学び、コンピュータ・アナリストとして働いていたというクロバンドにとって初めての作品なら、OL、塾講師を経て翻訳家になったという中田香にとっても初めての訳書である。

 暮れにふらっと馴染みの書店をのぞいたら、たまたまそれが目に止まった。帯には、ありがちな作家や有名人のコメントではなく、その原稿を読んだ様々な年代・職業の一般読者の感想が載せられている。まあ、「感動しました」、「泣けました」、「勇気づけられました」という毎度お馴染みのアレだが、この朴訥な宣伝と、それでいながら、聞いたことのない作家のデビュー作がドドーンと平積みされていることに興味を覚え、ページをめくってみたのだった。続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。