2006年05月30日

ヘヴンアイズ / デイヴィッド・アーモンド [読書日記]

ヘヴンアイズヘヴンアイズ
デイヴィッド・アーモンド / David Almond
金原瑞人

単行本, 河出書房新社, 2003/06/20

 昨年購入して、以来ずっと放置していたデイヴィッド・アーモンドの『ヘヴンアイズ』を読む。

 デイヴィッド・アーモンドは、イギリスの児童文学(日本ではヤングアダルトに分類される。もっとも佐吉は、このヤングアダルトというジャンルの定義が、つまり従来からあるジュブナイルとどう違うのかが、いまひとつよくわからないのだが……)作家。デビュー作『肩胛骨は翼のなごり』で、イギリスのすぐれた児童文学に与えられるカーネギー賞、ウィットブレッド賞の両賞を受賞し、以来、子どもたちを主人公にした幻想的な作品を発表し続けている。

 佐吉がこの作家を知ったのは、ちょうど一年前、彼の五作目にして当時の最新作『火を喰う者たち』によってだった。1960年代のいわゆるキューバ危機を背景に、一人の繊細な少年が、どこか狂気をたたえた大道芸人との触れあいを通じて体験した、ある奇跡を描いた作品だ。佐吉はこれがひどく気に入り、すぐさま彼のそれ以前の作品も買い求めた(その割にはこうして放置していた作品もあったわけだが… (-_-; )。続きを読む
2006年05月26日

しゃばけ / 畠中恵 [書評]

しゃばけしゃばけ
畠中恵

文庫本, 新潮社, 2004/03

 2001年度の第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞作。日本ファンタジーノベル大賞は、多くの才気あふれる作家を発掘してきたことで知られ、その受賞作には、純文学系、エンターテインメント系といった既存の枠に収まりきらない異色作、野心作が目立つ。この『しゃばけ』もまた、江戸を舞台に連続殺人事件の謎を追うミステリ仕立てのファンタジーという異色の作品である。そして同時に、この賞の歴代の入賞作が、読む側もまたそれなりの態度で臨まなければならないような本格的な文芸作品揃いであるのに対し、この作品は、ライトノベルのように軽い感覚で読むことができる。そういう意味でもまた異色である。

 主人公は、江戸で有数の大店の17歳になる若だんな。ただし、この若だんな、生まれながらに病弱で、廻船問屋兼薬種問屋の離れになかば幽閉されるように寝起きし、両親はもちろん店中の者から過保護に扱われている。ことに二人の手代が四六時中そばにいて、しつこいくらいにあれこれ世話を焼いてくれる。そしてなぜか、店にはたくさんの妖(あやかし)が棲んでおり、件の二人の手代も実は人の姿に化けた妖怪。若だんなにとっては友だちのような妖怪たちだが、二人の手代をのぞけば、他の者には姿が見えず、その存在さえ知られていない。そしてとある晩、若だんなは、ひょんなことから猟奇殺人事件に巻き込まれる。やがて自らも命を狙われる身となった若だんなは、仲間の妖たちとともにその事件の謎に挑む……。続きを読む
2006年05月11日

気になる部分 / 岸本佐知子 [読書日記]

気になる部分気になる部分
岸本佐知子

単行本, 白水社, 2000/09

 連休が明けて三日。佐吉には実に十一連休のゴールデンウィークだったが、その間あまり本は読まなかった。連休前から読んでいた『ダーク・タワー』も、まだ第III巻の途中。外出も多かったし、後半は風邪で体調を崩していたし、何より一人でいる時間が少なかった。あらためて読書って孤独な楽しみなんだなあ、なんて思ったりもした。

 ニコルソン・ベイカーやジャネット・ウィンターソン、最近ではリディア・デイヴィス、ちょっと珍しいところではトム・ジョーンズなど、どこか風変わりな作家の作品の訳書が多い翻訳家、岸本佐知子。そんな彼女のエッセイ『気になる部分』が、近く白水uブックスで出るというので、その単行本を久々に引っ張り出して再読する。やっぱり面白い。どこから読んでも面白い。そして巧い。どこか落語の名人芸でも聞いているような面白さがある。続きを読む
2006年05月04日

『読書速度測定』 [雑記帖]

読書速度測定 とあるキーワードについてNAMAANで検索をしていると、「Hot keywords」の欄に「読書速度測定」というキーワードを見かけた。特に新しいサービスというわけでもなさそうだが、最近、主に「はてな」で、口コミよろしく伝播しているらしい。佐吉も早速試してみた。

 最初のうちは、どこかそれと意識していた所為かやや高めの数字が出たが、何度か試してみたところ、普段の、つまり、それとは意識せずに読んでいるときの佐吉の「読書速度」は、どうやら1000文字/分くらいらしい。そしてこれは、普段習慣的に本を読んでいる人間としては、かなり低い数字のようだ。

 一般に、読書好きを自認される方には、読書量、蔵書量とともに、本を読む速さも自慢にされている方が多いように思う。そうした方であれば、特に速読など意識しなくとも、あたり前のように1500文字/分、2000文字/分といったスピードで本を読まれるのだろう。中には「オレは2500だ!」、「いやいや、オレ様は3000だ!!」という方もいらっしゃるかもしれない。続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。