2006年07月24日

影を踏まれた女 / 岡本綺堂 [読書日記]

影を踏まれた女影を踏まれた女 新装版 怪談コレクション
岡本綺堂

文庫本, 光文社, 2006/05/11

 「泣いた」、「泣けた」という読書感想文を見ると辟易する。いや、何も本を読んで泣くのがいけないというのではない。そういう需要は確実にあるし、ならばそういう作品もあって然るべきであり、それについて「泣いた」、「泣けた」という感想が書かれるのもまた当然である。しかし時に、どう考えてもその手の話とは思えないような作品に対してさえ、「泣いた」、「泣けた」とわめく感想文があるのを目にする。そういう感想文に出くわすと、どうにも辟易してしまうのである。

 もちろん作品の解釈や受け止め方は人によって違う。それはわかる。しかしそれでもなお、その作品のどこでどうして泣けるのか、まったく理解できない場合がある。え? それは単にオマエが異様に冷淡な人間だからだろうって? ふむ。まあ、それもあるかもしれん。が、必ずしもそればかりが理由ではなかろう。続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。