2007年03月27日

空中スキップ / ジュディ・バドニッツ [書評]

空中スキップ空中スキップ
ジュディ・バドニッツ / Judy Budnitz
岸本佐知子

単行本, マガジンハウス, 2007/02/22

 読者にとっての訳者は、多くの場合黒子である。しかしときに、むしろ訳者によって世に知られる翻訳作品もある。たとえば、日本ではほとんど無名の作家の作品でも、それが柴田元幸や金原瑞人の訳書と聞けば、にわかに興味をそそられる人も少なくないだろう。翻訳家は、訳者であると同時に、その作品の紹介者でもある。多くの読者が、そんなふうに柴田や金原が「選んだ」作品として、しばしば彼らの訳書を手に取るのである。

 そして岸本佐知子もまた、そんな読者が訳者に惹かれて本を手にする翻訳家の一人である。岸本の訳書には、一風変わった作家の作品ばかりが並んでいる。ニコルソン・ベイカー、ジャネット・ウィンターソン、トム・ジョーンズ、スティーヴン・ミルハウザー、リディア・デイヴィス……。しかも彼らは、決して奇を衒っているのでなく、彼ら自身が持つ「何か」ゆえに、風変わりな作品を書かざるをえない作家たちなのである。続きを読む
2007年03月25日

喪失 / カーリン・アルヴテーゲン [読書日記]

喪失喪失
カーリン・アルヴテーゲン / Karin Alvtegen
柳沢由美子

文庫本, 小学館, 2004/12

 新進気鋭のスウェーデンのミステリー作家カーリン・アルヴテーゲンの既刊三冊をまとめて購入。この週末、うち二冊を読んだ。

 アルヴテーゲンは、1998年のデビュー作『罪』で注目を集め、2000年に上梓した第2作『喪失』でグラス・キー賞(ベスト北欧推理小説賞)を受賞、2003年に発表した第3作『裏切り』も好評で、今や「北欧ミステリー界の女王」とさえ呼ばれる存在だそうだ。

 『罪』の主人公ペーターは、経理係の横領によって日本円で二千万もの負債を抱えた零細企業の経営者。幼くして父を亡くし、その後母に疎外されてきた彼は、その心の痛みから自分に自信がもてず、人間関係をうまく築くことができない。さらにここ半年ほど、いつ訪れるともわからないパニック発作の恐怖に悩まされている。ペーターはある日、見知らぬ女から彼女の夫だという会社社長への届け物を頼まれる。が、その中身は足の親指。しかも、その社長ルンドベリの実の妻は三年前に死んでいるという。女の正体をつきとめ、その執拗な嫌がらせをやめさせてほしいと頼むルンドベリに、借金の肩代わりを条件に探偵役を引き受けたペーター。二人の間には友情さえ芽生えるのだが、知らず知らず彼らは女の術中にはまっていく。続きを読む
2007年03月09日

字幕屋は銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ / 太田直子 [書評]

字幕屋は銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ字幕屋は銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ
太田直子

新書, 光文社, 2007/02/16

 太田は、これまで千本以上の映画の字幕を手がけてきた字幕翻訳者である。本書は、そんな彼女が映画翻訳の舞台裏や、言葉に携わるものとして気になる日本語の用法のあれこれについて語ったエッセイである。

 字幕翻訳の、他の分野の翻訳と最も大きく異なる点は、その字数制限にある。スクリーン上に表示できる字数には限りがあるし、字幕は役者が台詞をしゃべっている間に、観客が読みきれるものでなければならない。太田によると、観客が読める字数は、一秒間にわずか四文字(!)なのだという。

 また映画字幕には、一般的な観客にわからない専門用語や難読漢字は使えないし、禁止用語にも気を配らなければならない。人称代名詞の選び方も大事だし、原語の語順を考慮しなければならない場合もある。文化の違いも厄介な問題だし、さまざまな専門知識も求められる。そうした特殊な制約や要求のもと、大切な情報やニュアンスを、映画のイメージに沿って、ほんのわずかな字数で伝えてゆく字幕翻訳者の奮闘ぶりを、太田は小気味良いテンポで綴ってゆく。続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。