2007年05月30日

御書物同心日記 / 出久根達郎 [読書日記]

御書物同心日記御書物同心日記
出久根達郎

文庫本, 講談社, 2002/12

 先日イーブックオフに注文した古本の小包が届いた。いそいそと開梱し、中身を取り出す。するとその中の1冊から、はらりと白い紙片が落ちた。

 形と大きさから察するに栞だろう。古本にかつての所有者の栞や栞代わりの紙片が挟まっていることは珍しくない。たまにちょっと面白いものが入っていることもある。たとえばこのあいだ近所のブックオフで買った伊藤比呂美『日本の霊異(フシギ)な話』には、竹久夢二伊香保記念館の入場券の半券が挟まれていたし、同じく金田一春彦『日本語を反省してみませんか』には、おそらく幼稚園児か小学校低学年の子供が工作の時間に作ったものだろう、押し花をピンクの画用紙と透明のプラスチック板で挟んだ、手作りの栞が残っていた。

 普段なら古本については値段と状態以外はおよそ気にかけない佐吉だが、それでもそんなのを見ると、ついあれこれ想像してしまう。かつてこの本をどういう人が読み(あるいは読みさし)、どういう理由で手放したんだろう、ひょっとしてこの栞は、その人にとって大切な思い出の品なんじゃないだろうか、もしかすると、その人はこれを失くしたことを気に病んでいるかもしれない……。

 しかしその紙片は、そんな乙女チックな夢想とはまるで無縁なものだった。裏返してみるとそこには、無機質な書体でこんな慇懃な文言が印刷されていた。続きを読む
2007年05月19日

死ぬための教養 / 嵐山光三郎 [読書日記]

死ぬための教養死ぬための教養
嵐山光三郎

新書, 新潮社, 2003/04/10

 「はじめに」で嵐山はこう語る。
 宗教を信じられない人間には、ただ「死ぬための教養」だけが必要となります。いざとなったら、死に対する教養のみが、自己の死を受け入れる処方箋となるのです。死は、思わぬときに、ふいに襲ってきます。それは恐怖であるとともに最後の「愉しみ」ですらあるのです。宗教を信じなくとも、平穏に死を受け入れるためには、どんな知恵をつければいいのか。この本は読者にむけての処方箋であると同時に、私自身へむけての覚悟でもあるのです。
 また「あとがき」にはこう書かれている。
 「死ぬための教養」は、百人いれば百通りが必要であって、それは各自ひとりひとりが身につけていくしかない。幸い、先人たちには、死についての深い考察をなした人がいて、そういった識者の本を吟味熟読して読み、自分なりに納得するしかないのだ。
 これらの文句とタイトルに惹かれ、本書を読んでみた。が、期待はずれだった。続きを読む
2007年05月16日

ある共通項 -読書論を読む- [雑記帖]

読書の腕前読書の腕前
岡崎武志

新書, 光文社, 2007/03

 先の大型連休中とその前後、読書論、読書エッセイを何冊かまとめて読んだ。世に読書論や読書エッセイは山ほどあって、一冊読むとつい他のも読みたくなる。そうして連鎖的に読んだのである。読んだのは岡崎武志の『読書の腕前』(光文社)、永江朗の『恥ずかしい読書』(ポプラ社)、そして井上ひさしの『本の運命』(文藝春秋)である。

 いずれも、実践的な読書の仕方を指南したハウツー本ではなく、それぞれがそれぞれの読書生活を振り返ったエッセイの構えである。とは云え、どれにも少しはハウツー的なくだりがある。今どきこういう本は、そうした部分がなければ売れないのかもしれない。そんなハウツー的な記述に、少なからず共通したところが見られるのもまた面白い。

恥ずかしい読書恥ずかしい読書
永江朗

単行本, ポプラ社, 2004/12

 読書の好きな人は、常に面白い本と出会いたいと願っている。では、そうするにはどうすればいいか。もちろん情報収集の手段はさまざまあるが、一番確実なのは、(やり方として愉しいかどうかは別にして)信頼のおける読み手に、本の探し方についてのヒントを求めたり、ずばりおすすめの本を紹介してもらったりすることである。それが、このような読書論や読書エッセイを読んでみようと思う理由の一つでもある。いきおいこうした本で、それぞれが深い感銘を受けた本を、思い入れたっぷりに紹介したくだりを読むと、自分もそれを読みたい、読もう、読まなきゃ、という気になる。続きを読む
2007年05月10日

キトキト! / 吉田康弘 [読書日記]

キトキト!キトキト!
吉田康弘

単行本, メディアファクトリー, 2007/03

 著者の吉田康弘は、1979年生まれ、現在27歳の新進の映画監督である。井筒和幸に師事し、今年(2007年)、自ら脚本を手がけた本書と同名の映画で監督としてデビューした。本書は、その映画の製作と合わせて書かれた、彼の初の小説である。

 主人公優介は18歳。気丈でやたらとパワフルな母親と、今どき珍しいスケ番の姉と共に、地方の小都市に暮らしていたが、3年前に姉が家出、彼もまたある事件をきっかけに高校を中退する。

 以来優介は、暴走族に加わり無為な日々を送っていたが、やがてそんな生活に疑問を抱くようになり、気障りな母と「なーんつまらんこの町」から逃げるようにして東京へ向かう。何の当てもないまま辿り着いた新宿で、優介はたまたま見かけたホストクラブの看板に惹かれ、ホストの仕事を始めるのだが……。続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。