2007年06月28日

古本綺譚 / 出久根達郎 [読書日記]

古本綺譚古本綺譚
出久根達郎

文庫本, 中央公論社, 1990/03

 出久根達郎の『古本綺譚』を読む。愛書家や古本屋たちを主人公に、古本をめぐる風変わりな物語を描いた、当時古書店の店主でもあった著者ならではの短編集である。

 中に『狂聖・芦原将軍探索行』という中編がある。芦原将軍は、1852年(嘉永5年)、金沢に生まれ、本名を芦原(葦原、あるいは蘆原とも)金次郎という。元は櫛職人だったが、24歳で誇大妄想症(精神分裂症)を発症し、以来88歳で世を去るまでの生涯を精神病院で過ごした風狂の人である。金次郎は将軍、あるいは天皇を名乗り、手製の軍服を着て、公然と政府や軍を批判し、勅令や勅語を発しては、それを、彼を訪ねる人々に売りつけた。時あたかも、日清・日露戦争を経て、日本が太平洋戦争へと突き進んでいた時代だった。

 しかし、将軍は時事問題に精通し、その批判は毎度毎度、実に的を射たものだった。元より狂人の発言だけに、誰にも遠慮会釈のない歯に衣着せぬ意見だった。それに目をつけたマスコミは、こぞって将軍の話題を取り上げた。もちろん言論の自由などない時代の話である。つまり彼らは、狂人の発言にかこつけて権力批判をしていたのである。そして民衆もまた将軍の言葉に溜飲を下げた。将軍の人気はいやがうえにも高まっていき、記者たちはネタに詰まるたびに将軍を訪ねた。かくして将軍は時代の寵児に祭り上げられていった。続きを読む
2007年06月20日

あなたに似た人 / ロアルド・ダール [書評]

あなたに似た人あなたに似た人
ロアルド・ダール / Roald Dahl
田村隆一

文庫本, 早川書房, 2000

 ロアルド・ダール『あなたに似た人』を読む。

 ダールは、『チョコレート工場の秘密』などの児童文学作品でつとに有名だが、同時に、しばしば「奇妙な味」と評される、独特のブラック・ユーモアに満ちた短編小説でも知られる鬼才である。『あなたに似た人』は、1953年に発表されたダールの初期の短編集であり、巷間ではこの作品をもって、彼の代表作、最高傑作とする声も高い。

 ダールの作品世界については、作家都築道夫の言が的確である。本書の訳者あとがきで田村隆一が引用しているので、ここに孫引きしておこう。
 「ダールは大ざっぱに言って、ふたつのテーマしかあつかわない。賭博に打ちこむ人間たちの心の恐しさ。それと人間の想像力の恐しさ、つまり、実際にはなんの現象もないところでも、人間があつまるとその想像力から、こんな恐しいことも起るのですよ、という恐しさ。このふたつのテーマである。(送り仮名は原文のまま)」
続きを読む
2007年06月13日

ポートレイト−内なる静寂 / アンリ・カルティエ=ブレッソン [読書日記]

ポートレイト−内なる静寂ポートレイト−内なる静寂
アンリ・カルティエ=ブレッソン / Henri Cartier-Bresson

大型本, 岩波書店, 2006/10

 ふふふ、今日の読書日記はちょっと自慢げである。

 昨年10月、岩波書店から、アンリ・カルティエ=ブレッソン『ポートレイト−内なる静寂』という写真集が刊行された。

 アンリ・カルティエ=ブレッソン(1908-2004)は、世界のフォト・ジャーナリズムに最も大きな影響を与えたと云われる、20世紀を代表する写真家であり、「世界最高の写真家集団」、かのマグナム・フォト(Magnum Photos)の創設者の一人でもある。カルティエ=ブレッソンは、35mmレンジファインダーを使ってのスナップショットを得意とし、またポートレート(人物写真)でも数多くの傑作を遺した。『内なる静寂』は、彼が50年以上に渡って、それぞれの時代の顔とも云うべき著名人や、際立って印象的な市井の人々を撮影した、ポートレートの傑作集である。続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。