2008年01月31日

藤沢周平のツボ 至福の読書案内 / 朝日新聞週刊百科編集部編 [読書日記]

藤沢周平のツボ 至福の読書案内藤沢周平のツボ 至福の読書案内
朝日新聞週刊百科編集部編

文庫本, 朝日新聞社, 2007/12

 NHK BS に「わたしの藤沢周平」という番組がある。毎回ひとつの藤沢作品を取り上げ、その作品世界を紹介するとともに、各界から招かれた一人のゲストが、その作品への思い入れを熱く語るというものである。佐吉も何度か見たことがある。

 しかし考えてみれば、こんな番組が成り立つ作家はそうはいない。むろん一般にも各界の著名人にも、多くの愛読者がいる作家でなければならないことは云うまでもないが、だからと云って、人気作家なら誰でもいいというわけではない。いくら多くの読者に愛されている作家でも、皆が異口同音に賞賛するだけなら、毎回同じような話になってしまい、番組が続かない。

 そうしてみると、藤沢周平という人物は、多くの人々の心の琴線に触れ、なおかつそのそれぞれに、違った音色を響かせる作家だと云うことはできないだろうか。「わたしの藤沢周平」と番組のタイトルにもあるとおり、藤沢作品の読者は、それをひとつの個人的体験と捉えることによって、つまりそこに自分自身の人生を重ね合わせることによって、一人ひとりが違った感銘を受けるのかもしれない。そしてそれゆえに、今なお多くの読者が藤沢作品に惹かれるのかもしれない。続きを読む
2008年01月26日

ことばの波止場 / 和田誠 [読書日記]

ことばの波止場ことばの波止場
和田誠

単行本, 白水社, 2006/11

 星新一や丸谷才一の一連の著作、最近では三谷幸喜のエッセイなど、本の装丁でもお馴染みのイラストレーター和田誠が、イラストならぬ「ことば」について語った一冊、『ことばの波止場』を読む。児童書に関するセミナーで、和田がはじめて行った、ことば遊びについての講演に加筆したものである。和田自身の「個人史」に乗せて、しりとり歌、替え歌、回文、アナグラムなど、さまざまなことば遊びの楽しさを、豊富な具体例とともに紹介している。

 その一例をここにも紹介しよう。「いろは」についてのエピソードである。

 「いろは」は、ご存知のとおり、仮名四十七文字をすべて一度ずつ使って作られた手習い歌である。かつては弘法大師の作という説もあったが、今は平安中期に成った詠み人知らずの歌とされている。続きを読む
2008年01月10日

おまけのこ / 畠中恵 [読書日記]

おまけのこおまけのこ
畠中恵

文庫本, 新潮社, 2007/12

 畠中恵は、漫画家としていくつかの作品を発表するかたわら作家を志し、ミステリー作家の都筑道夫に師事したのち、2001年、日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、小説家としてデビューした。

 受賞作の『しゃばけ』は、病弱でしょっちゅう臥せっているが、情に厚く、案外芯の強い大店の若だんな一太郎と、手代の仁吉、佐助をはじめ、彼を取りまくさまざまな妖(あやかし)たちが怪事件の謎を解く、ミステリー仕立ての時代物ファンタジーである。のちにシリーズ化され、現在、第6弾までが刊行されている。

 『しゃばけ』シリーズは、そのライトノベルのような感覚が受け、時代物にはめずらしく若い女性を中心に人気がある。一方で畠中の時代小説は、本格的な時代物としての描写にも定評がある。『しゃばけ』シリーズとは別に、妖たちの登場しない時代物ミステリーとして書かれた『まんまこと』(佐吉は未読)は、昨年、直木賞の候補に挙がっている。続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。