2008年09月27日

エヴァ・ライカーの記憶 / ドナルド・A・スタンウッド [書評]

エヴァ・ライカーの記憶エヴァ・ライカーの記憶
ドナルド・A・スタンウッド / Donald A. Stanwood
高見浩

文庫本, 東京創元社, 2008/08

 著者のドナルド・A・スタンウッドは1950年カリフォルニア州生まれ。本作『エヴァ・ライカーの記憶』は1978年に刊行された彼のデビュー作である。スタンウッドは、ハイスクール時代に得た着想をもとに、オレンジ・コースト・カレッジの創作科に在籍していた20歳のときから8年の歳月をかけて、この長大なミステリを書き上げたという。翌1979年には日本でも紹介され、その年の「週刊文春傑作ミステリー・ベスト10」で第4位に輝いている。しかしながらスタンウッドは、その後凡庸な作品を1本発表したきり表舞台から姿を消している。つまり、『エヴァ・ライカーの記憶』はスタンウッド一世一代の作品なのである。

 邦訳はのちに絶版となり、長らく復刊を望む声が高かったが、ここにきてようやくそれが実現した。本書の解説で書評家の川出正樹は、本格ミステリ、ハードボイルド、サスペンス、冒険小説、パニック小説など、エンターテインメントのさまざまな要素を包含したオールタイムベスト級の傑作、と、やや舞い上がり気味にこの作品を絶賛している。続きを読む
2008年09月21日

つなみ−THE BIG WAVE / パール・S・バック [書評]

つなみ−THE BIG WAVEつなみ−THE BIG WAVE
パール・S・バック / Pearl S. Buck
黒井健, 北面ジョーンズ和子他

単行本, 径書房, 2005/02

 パール・サイデンストリッカー・バック(パール・バック)は、1892年ウェスト・ヴァージニア州に生まれ、生後間もなく宣教師の両親とともに中国に渡り、幼少期を江蘇省鎮江に過ごした。その後アメリカの大学を卒業し、南京大学で英文学を教えるかたわら執筆活動を始め、1931年、のちに彼女の代表作となる『大地』でピュリツァー賞を受賞し、1938年にはアメリカ人女性として初めてノーベル文学賞を受賞している。

 ちなみにパール・バックには、重度の知的障害を持つ娘がいた。1950年に婦人雑誌に寄稿した手記(『母よ嘆くなかれ』)で、パール・バックはその母親としての苦悩の日々を告白し、娘キャロルの存在が彼女の創作の原点だったと語っている。パール・バックは、ノーベル賞の賞金や著書の印税など収入のほとんどを養護施設に投じ、自らも娘のほかに7人の戦争孤児を養育した。社会活動においては東西の公平な交流に尽力した人格者でもあった。続きを読む
2008年09月13日

チャリオンの影 / ロイス・マクマスター・ビジョルド [書評]

チャリオンの影 上チャリオンの影 上
ロイス・マクマスター・ビジョルド / Lois McMaster Bujold
鍛治靖子

文庫本, 東京創元社, 2007/01/30

 ロイス・マクマスター・ビジョルドは、1986年のデビュー以来、未来の宇宙を舞台にした軍事SF 『ヴォルコシガン・サガ』シリーズで、アメリカの主要なSF文学賞を次々に受賞し、今やアメリカSF界に確固たる地歩を占める作家である。同シリーズは、それぞれに個性的な登場人物の魅力と、ぐいぐいページを繰らせるストーリーテリングの巧さとによって、多くの読者をとりこにしている。

 本書はそのビジョルドが満を持して発表した、「五神教シリーズ」と題する異世界ファンタジー三部作の第一弾である。物語の舞台となるイブラ半島は、いくつものキリスト教国が林立し、イスラム勢力と激しい覇権争いを繰り広げた中世のイベリア半島をモデルにしているという。ちなみに口絵にあるイブラ半島の地図は、ちょうどイベリア半島の南北を入れ換えた格好になっている。続きを読む
2008年09月01日

左対右 きき手大研究 / 八田武志 [書評]

左対右 きき手大研究左対右 きき手大研究
八田武志

単行本, 化学同人, 2008/07/20

 古来、左ききについてはさまざまな俗説が唱えられてきた。曰く、左ききには天才が多い、左ききは短命である、左ききは音楽の才能に優れる、左ききには同性愛者が多い……。たしかに野球などいくつかのスポーツにおいて、左ききが有利とされるのは素人考えにも納得がいくが、こうした俗説一つひとつについてはどうなのだろう。それぞれにどの程度正しいと云えるのだろう。

 またこうして考えてみると、そもそもなぜきき手なるものが存在するのかという疑問も湧いてくる。きき手はいつどのようにして決まるのか、なぜ右ききが多いのか、きき手を矯正するのは良いことなのか、きき手は人間にだけあるのか……。身近な現象でありながら、いや、むしろ身近であるがゆえ(右ききである評者は)ことさら意識したこともなかったが、あらためて振り返ってみると、我々はきき手について、はっきりこうだと云えるような知見をほとんど持っていないことに気付く。続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。