2008年12月29日

影の棲む城 / ロイス・マクマスター・ビジョルド [書評]

影の棲む城 上影の棲む城 上
ロイス・マクマスター・ビジョルド / Lois McMaster Bujold
鍛治靖子

文庫本, 東京創元社, 2008/01

 先にご紹介した『チャリオンの影』に続く、ロイス・マクマスター・ビジョルドの異世界ファンタジー「五神教シリーズ」三部作の第二弾。前作ではチャリオン王家の呪われた歴史の語り部として地味な役どころを演じていた国太后イスタが、今回は、ファンタジーには珍しい40歳の女性主人公として、獅子奮迅の活躍をする。2004年に米国の三大SFファンタジー文学賞、ヒューゴー賞、ネビュラ賞、ローカス賞を独占した異色の冒険活劇ファンタジーである。

 今では宰相の座に就いているカザリルらの活躍により、チャリオン王家にかけられた呪詛が解かれて三年。先々王の妻であり現国主の母であるイスタは、故郷ヴァレンダ城で穏やかな日々を過ごしていた。ところが老母バオシア藩太后の死に臨んで、イスタは不意に絶望的な虚無感を覚えた。居たたまれなくなったイスタは、周囲の反対を押しきり、巡礼を口実に、わずかな従者を伴って贖罪の旅に出た。続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。