2009年01月21日

サイモン・アークの事件簿 1 / エドワード・D・ホック [書評]

サイモン・アークの事件簿 1サイモン・アークの事件簿 1
エドワード・D・ホック / Edward D. Hoch
木村二郎

文庫, 東京創元社, 2008/12

 昨年(2008年)77歳でこの世を去ったエドワード・D・ホックは、生涯現役をつらぬき、50余年にわたる作家生活において900編余りの作品をものした短編ミステリの名手だった。謎を解くための手掛かりを読者にフェアに提示する本格ミステリを得意とし、緻密な論理展開によってあざやかに解明への道筋を示してみせるその作風から、「古典的犯人当てミステリの王様」とも称され(エラリー・クイーンズ・ミステリ・マガジン)、2001年には短編主体の作家としてはじめて、MWA(アメリカ探偵作家クラブ)の巨匠賞を受賞している。

 ホックには、邦訳が刊行されている「怪盗ニック」シリーズや「サム・ホーソーン」シリーズをはじめ、20以上のシリーズ作品がある。その中でもっとも息が長く、ホック自身もっとも愛着を感じていると語っていたのが、この「サイモン・アーク」シリーズである。ホックを代表するシリーズの一つでもあるこのオカルト探偵シリーズは、彼のデビュー作『死者の村』(1955年)に始まり、以来半世紀以上にわたって61編が書きつがれてきた。続きを読む
2009年01月17日

きのこ文学大全 / 飯沢耕太郎 [書評]

きのこ文学大全きのこ文学大全
飯沢耕太郎

新書, 平凡社, 2008/12

 なんとも風変わりなタイトルだが、決して奇を衒っているわけではない。冒頭の「きのこ文学宣言」で飯沢は云う。
 図書館などに行くと、きのこについての本はたいてい自然科学のコーナーに分類されている。かねがね、人文系のきのこ図書がまったくないことに大きな不満を抱いていた。後で詳しく見るように、きのこのイメージは文学作品の中で見過ごすことのできないユニークな場所を占めている。
 どういうことか。

 きのこは実に多彩で奇妙な生き物だ。学名のついているものだけでも2万〜3万種、実際には50万種以上のきのこが存在すると推定され、その色も形も大きさも千差万別。食材や薬種として珍重されるものもあれば、深刻な中毒症状をもたらす毒きのこもある。およそきのこほど変異体の多い生き物は他になく、極言すれば、その一本一本が独立種だということさえできる。きのこについてはまだまだわからないことが多く、その存在自体がなんとも謎めいていて蠱惑的である。続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。