2008年06月11日

タンゴステップ / ヘニング・マンケル [書評]

タンゴステップ 上タンゴステップ 上
ヘニング・マンケル / Henning Mankell
柳沢由実子

文庫本, 東京創元社, 2008/05/23

 ヘニング・マンケルは、一見冴えない中年刑事クルト・ヴァランダーを主人公にした警察小説のシリーズで知られる、スウェーデンの国民的作家である。ヴァランダー・シリーズは当初からスウェーデン国内及び北欧で高い評価を受けていたが、2001年、5作目の『目くらましの道』がCWA(英国推理作家協会)ゴールドダガー賞を受賞すると、一躍ヨーロッパ全土に浸透し、各国でのマンケルの人気を不動のものとした。ヴァランダー・シリーズはこれまでに35ヶ国で紹介され、累計2000万部以上の売り上げを記録しているという。

 本書は、そのヴァランダー・シリーズが一応の完結をみたあとに書かれた、シリーズ外の長編ミステリである。老境にさしかかったヴァランダーに代わって登場するのは、37歳独身の警察官ステファン・リンドマン。しかし、さまざまな悩みや弱さを抱えた主人公が、思いがけず不可解な事件に巻き込まれ、その背後に潜む巨悪に立ち向かうという、マンケルならではの物語の構図は、ヴァランダー・シリーズと変わらない。また犯罪捜査の過程を通して、等身大の個人の苦悩を描き、同時にスウェーデン社会の暗部を鮮やかに切り取ってみせる彼の手腕も健在である。

 舌ガンの宣告を受け、治療開始までの休暇を、死の恐怖と向き合いながら過ごしていたリンドマンは、かつて新米だった彼を指導し、その後退官して北部の僻地に独り暮らしていた元警察官ヘルベルト・モリーンが、何者かによって惨殺されたという新聞記事を目にする。警官時代、常に何かにおびえているようだったモリーン。彼の身にいったい何が起きたのか。目の前の現実から目を背けたいという心理も手伝って、リンドマンは一人かの地に赴く。

 地元警察と協力しつつ、一方で独自に捜査を進めていたリンドマンは、モリーンに驚くべき過去があったことを知る。事件の背景に血塗られた歴史の闇が浮かんでくる。そんな矢先、捜査陣のすぐそばで第二の殺人事件が起こる。二つの事件にはどんな繋がりがあるのか。同一犯によるものか。それぞれの動機は何なのか。そして、モリーンの家に残されたタンゴステップの血の足跡が意味するものは……。

 とは云うものの、第一の事件の犯人は、まだ序盤のその時点であっさり読者に明かされてしまう。第二の事件が起こった直後から、第一の犯人の視点で語られた章が挿入されてゆくのである。

 冒頭に犯行の場面が描かれることも含めて、一般に「倒叙(とうじょ)」と呼ばれるこの形式は、マンケルの作品においてしばしば見られる手法である。前作『目くらましの道』ではこれが特に効果的に用いられていて、同時進行する追う側と追われる側の丹念な心理描写に、サスペンスはいやがうえにも高まっていった。加えて本作では、その先にさらなる展開が待っている。同一犯の仕業として捜査を進める警察陣を尻目に、第一の事件の犯人もまた、彼自身の事情によって第二の犯人を追いはじめるのである。

 そしてそこからが本書の圧巻である。切れ味鋭い文章と息つく暇もないスリリングな展開に、ページをめくる手を休める暇もあらばこそ、話は思いも寄らない方向に発展してゆく。スウェーデン社会、延いては世界全体に巣食う暗黒の歴史が次第にあらわになり、それと呼応するかのように、自らの心の内と向き合うリンドマンの懊悩が彼自身を苛んでゆく。

 正直なところ、純粋にエンターテインメント作品として見た場合、マンケルの作品には多少の粗がないでもない。謎解きの過程において論理的説得力に乏しい展開が時折見られるし、登場人物の心理描写にもややステレオタイプなところがある。しかし、あくまでそのエンターテインメントの文脈において、現代社会の暗闇と個人の心の痛みを鮮明に描いてみせる彼の筆致には、やはり驚嘆せずにいられない。ヴァランダー・シリーズで多くの読者を虜にしたマンケルの持ち味は、本書にも存分に発揮されている。

タンゴステップ 下タンゴステップ 下
ヘニング・マンケル / Henning Mankell
柳沢由実子

文庫本, 東京創元社, 2008/05/23

※ 本書は「本が好き!」を通じて献本していただきました。

関連(するかもしれない)記事
目くらましの道 / ヘニング・マンケル [書評]
最近の掘り出し物三冊 [読書日記]
恥辱 / カーリン・アルヴテーゲン [書評]
喪失 / カーリン・アルヴテーゲン [読書日記]

関連(するかもしれない)書籍

この記事へのコメント

佐吉さん、はじめまして。

ヘニング・マンケルのこの作品、
夢中になって読みました。
スウェーデンとナチスの結びつきの部分は迫力があって、私自身もその歴史におどろきました。
また、佐吉さんの的確な書評すばらしいですね。

Posted by honyomi at 2008年06月15日 15:47
honyomiさん、はじめまして。コメント、どうもありがとうございます。

佐吉の書評はご覧のとおりの駄文で、的確などと云っていただくと恐縮してしまいます。が、それはともかく、『タンゴステップ』は、おっしゃるとおり期待に違わぬ作品でした。佐吉もこの作品で、マンケルの小説巧者ぶりを堪能しました。

実を云うと、これを読み終えたあと、佐吉は『目くらましの道』を約1年ぶりに引っぱり出して再読しました。あらためてその筆力に舌を巻きました。

読み終えたそばから次の作品が待ち遠しくなる。マンケルはそんな作家の一人ですね。

Posted by 佐吉 at 2008年06月15日 21:43

コメントを書く
お名前: [必須]

メールアドレス:

ホームページURL:

コメント: [必須]



この記事へのトラックバック

猟奇殺人の裏に、戦争の影。 小説 「タンゴ・ステップ」
「タンゴ・ステップ」 ヘニング・マンケル 著 柳沢由美子 訳 北欧が舞台のミステリーです。読み始めると、もう、文章から寒々しい感...

本読め 東雲 読書の日々 at 2008-11-20 21:08

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。