2008年06月21日

目くらましの道 / ヘニング・マンケル [書評]

目くらましの道 上目くらましの道 上
ヘニング・マンケル / Henning Mankell
柳沢由美子

文庫本, 東京創元社, 2007/02/10

 背骨や頭部を斧で叩き割り、さらに被害者の頭皮を剥ぎ取るという、常軌を逸した連続殺人事件。その犯人がわずか14歳の少年だとしたら、それはかなりショッキングな結末と云えるだろう。しかしこの作品では、そのことがはじめから読者に明かされている。物語の冒頭、最初の殺害の場面が、犯人と被害者の視点で描かれるのである。舞台はスウェーデン南部の小都市イースタ。少年は自宅の地下室で、神聖な儀式と入念な化粧によってアメリカ先住民に「変身」すると、フルフェイスのヘルメットに顔を包み、モペットで現場に向かう。そして周到に準備された「任務」を、淡々と「遂行」するのである。

 このように最初に犯人の側から犯行の様子を描き、その後、捜査陣が真相を究明する過程を綴ってゆく推理小説の形式は、一般に「倒叙(とうじょ)」と呼ばれ、マンケルの得意とする手法の一つである。マンケルは、サイコスリラーさながらの身の毛もよだつ殺害シーンの描写によって、読者をいきなり物語世界に引きずり込み、同時に犯人の異常な性格を強烈に印象づける。少年はなぜそんな犯行を重ねるのか、捜査陣はどうやってこの思いも寄らない結論に辿り着くのか。そう思った瞬間、読者はマンケルの術中にはまっている。あとは彼の巧みなストーリーテリングに導かれるまま、最後まで一気にページを繰り続けるしかない。

 本書は、風采の上がらない中年刑事クルト・ヴァランダーを主人公にした、マンケルの警察小説シリーズの5作目にあたる。CWA(英国推理作家協会)ゴールドダガー賞を受賞し、スウェーデン人作家マンケルの名を、一躍ヨーロッパ全土に知らしめた作品でもある。ヴァランダー・シリーズは、1991年から1999年にかけて9作が発表され、うち本作までの5作が邦訳されているが、この『目くらましの道』をもってシリーズの最高傑作とする声が高い。

 美しい初夏の訪れに、夏の休暇を心待ちにしているイースタ署の面々。と、そこに、ある老農夫から自宅の畑に不審な人物がいるとの通報が入る。どうせ思い過ごしだろうと高を括っていたヴァランダーだったが、現場に着いてみると、確かに菜の花畑に一人の少女が立っている。何かにおびえている様子のその少女に、ヴァランダーは声をかけながら近づいてゆく。すると少女は、やおら頭からガソリンをかぶり、手にしたライターで自らに火をつけ、焼身自殺を遂げてしまう。

 そうして平和な夏が一瞬にして悪夢に変わった。署員たちはすぐさま少女の身元を調べはじめるが、目の前で事件を目撃したヴァランダーはショックを隠せない。するとそこへ、署員たちの動揺に追い討ちをかけるように、殺人事件の一報が入る。政界を引退し、今は隠遁生活を送っている元法務大臣が、何者かによって惨殺されたというのである。イースタ署に戦慄が走る。しかしそれは、さらなる惨劇の序章にすぎなかった……。

 犯人が最初からわかっている倒叙小説においては、多くの場合、いわゆる神の目線で見た主人公の推理の冴えと、追う側と追われる側の心理的駆け引きが大きな見どころになる。本書はもちろん、その点において一級品である。加えて本書には、すべての手がかりを読者にフェアに提示し、読者が主人公と平行して推理を進めてゆくことのできる本格ミステリの興趣がある。決して、犯人の些細なミスから足がつくなどといったチャチな捕り物ではない。自身到底信じられない結論にヴァランダーが辿り着くとき、読者はマンケルの仕掛けた伏線の巧妙さに、思わず唸らされるに違いない。

 マンケルは、あくまで警察小説のプロットにおいて、普遍的な人間の懊悩と現代スウェーデン社会の暗部とを鮮明に提示してみせる作家である。身辺にさまざまな悩みを抱え、捜査の過程においても、凶悪犯罪に我がことのように心を痛めるヴァランダーの姿は、シリーズを通じて読者の共感を誘ってきた。本書ではさらに、殺人者たる少年の背負った十字架も激しく読者の胸を打つ。二人の息詰まる対決は、最後まで読者を惹きつけつつ、あとに哀しい余韻を残してゆく。本書は、警察小説というジャンルを超えて、永く記憶されるべき一冊である。

目くらましの道 下目くらましの道 下
ヘニング・マンケル / Henning Mankell
柳沢由美子

文庫本, 東京創元社, 2007/02/10

関連(するかもしれない)記事
タンゴステップ / ヘニング・マンケル [書評]
最近の掘り出し物三冊 [読書日記]
恥辱 / カーリン・アルヴテーゲン [書評]
喪失 / カーリン・アルヴテーゲン [読書日記]

関連(するかもしれない)書籍

この記事へのコメント

実に読み応えのあるいい本ですね。
私は、このシリーズの翻訳されている作品を全部読んでますが、
中でもこの「目くらましの道」は、最高の作品だと思います。
実在するイースタの町が絵のように可愛い町だと知った時は、おどろきました。


Posted by honyomi at 2008年06月22日 09:49
コメント、どうもありがとうございます。

先の記事でもお話ししたとおり、佐吉は『タンゴステップ』を読み終えたあと、約1年ぶりにこの作品を読み返してみたのですが、『目くらましの道』は、再読でもちっとも魅力が色褪せませんね。ミステリとして面白いのはもちろんのこと、登場人物それぞれの人生を、初読のときよりいっそう強く意識させられるようにも思いました。

『タンゴステップ』は季節が秋から冬に向かう頃の話で、北欧の長くて暗い冬の描写がそこかしこに見られました。そのあとに本作を読むと、ここに描かれている夏の美しさがことさら際立って目に浮かんでくるような気がします。佐吉もスウェーデンのことはさっぱりわからないのですが、きっと素敵な街なんでしょうね、イースタは。

Posted by 佐吉 at 2008年06月22日 21:41

コメントを書く
お名前: [必須]

メールアドレス:

ホームページURL:

コメント: [必須]



この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。