2009年02月06日

死者の短剣 惑わし / ロイス・マクマスター・ビジョルド [書評]

死者の短剣 惑わし死者の短剣 惑わし
ロイス・マクマスター・ビジョルド / Lois McMaster Bujold
小木曽絢子

文庫本, 東京創元社, 2008/12

 傷心を抱えて家を飛び出し、繁華な街を目指してひとり街道を歩いていた〈地の民〉の娘フォーンは、途中立ち寄った農家で〈湖の民〉の警邏隊を見かけた。

 この地に暮らす二つの種族、〈地の民〉と〈湖の民〉。〈湖の民〉には、〈地の民〉にはない特殊な能力があり、彼らはその能力を活かして、〈枯死の魔物〉と呼ばれる悪鬼とその手下である泥びとから人々を守るべく、常に各地を見回っている。けれど〈地の民〉の中には、そんな謎多き〈湖の民〉を、「魔法使い」と呼んで怖れたり忌み嫌ったりする者もいた。フォーンもまた何とはなしに彼らに近寄りがたさを覚え、じっと身を潜めていた。

 あくる日、逃走した泥びとを追って馬を駆っていた〈湖の民〉の警邏員ダグは、谷間にこだまする叫び声を耳にした。悪鬼や泥びとなど子供だましの作り話にすぎないと思っていたフォーンが、近寄ってくる男たちがそれとは気付かず、彼らに拉致されてしまったのだ。

 ダグの活躍によって一度は救出されたフォーンだったが、一人になったところをふたたび捕えられ、今度は悪鬼の巣窟にまで連れていかれてしまう。ダグがその場に駆けつけたのは、まさにフォーンが悪鬼の餌食となる寸前だった。絶体絶命の窮地に追い込まれた二人。しかし二人はそこで、〈湖の民〉にすら理解しがたい不思議な出来事に遭遇する……。

 前作「五神教」シリーズで、SFのみならずファンタジーにおいても、評判に違わぬ稀代のストーリーテラーぶりで、多くの読者を魅了したビジョルドの待望の新作。不思議な力を秘めた短剣の謎をめぐる、異世界ファンタジーシリーズ四部作の第一弾である。

 のっけから畳みかけるように活劇シーンが繰り広げられ、序盤はテンポよく進んでゆく。悪鬼や泥びととはどのような存在なのか、〈基礎感覚〉と呼ばれる〈湖の民〉の能力がどのようなものなのかが、フォーンとダグの行動を通じて少しずつ明らかにされてゆく。ところが、二人が当面の危機を脱し、互いに心を寄せあうようになってからは、一転、物語は、出自の異なる二人がいかにして愛を貫き、結ばれるかというラブロマンスに発展してゆく。

 異世界ファンタジーにおいては、物語世界の背景を読者に理解させるための導入部がしばしば必要になる。ときには話の流れを完全に断ち切り、読者の感興を削いでしまいそうなほど、長く詳細な説明がなされることもある。この主人公二人のロマンスは、実はそのためのパートでもあり、この世界の成り立ちを象徴するさまざまなことがらが、二人のあいだに立ちはだかる障壁として、ストーリーにさりげなく織り込まれてゆく。とてもユニークで興味深い試みである。

 しかしながら、その試みが奏功しているかと問われれば、どうにも首を傾げざるを得ない。もちろんそれぞれの読者の好みにもよるだろうが、評者個人の率直な感想を云えば、ラブロマンスになって以降の展開はひどく退屈である。二人の心理描写が中心になるのはいいとしても、話の進み方が実にゆっくりで、プロットは起伏に乏しく、それでいて描写はいつにも増して精細なものだから、あまりにもこと細かな記述にイライラさせられる場面も少なくない。流麗で饒舌なビジョルドの文章は、それ自体が彼女の作品の魅力の一つでもあるのだが、今回に限ってはそれが裏目に出て、作品全体にひどく冗漫な印象を与えてしまっているように思える。

 ともあれ、本書を通読すれば、少なくともこの世界のあらましは見えてくる。物語世界の壮大さ、奥深さをうかがわせる記述もいくつか見られ、この先の展開に期待を持たせる。もっとも本作においては、この世界の根幹を揺るがすような事件は、まだ何一つ起こっておらず、かろうじてその種が蒔かれたことをほのめかす出来事があるだけである。いずれにせよ、その種が芽を出し、物語が本格的に動き出すのは続編以降になるだろう。そしてそれからが、このシリーズの真骨頂になるはずだ。あるいは続編以降を読んだのちにあらためて本作を振り返ってみれば、その印象もまた違ったものになるかもしれない。この作品はあくまで、これから始まる物語のイントロダクションにすぎない。続編の刊行を待ちつつ、長い目で見守りたい。

Beguilement (The Sharing Knife)Beguilement (The Sharing Knife)
Lois McMaster Bujold

マスマーケット, Eos (T); Reprint版, 2007/05

※ 本書は「本が好き!」を通じて献本していただきました。

関連(するかもしれない)記事
チャリオンの影 / ロイス・マクマスター・ビジョルド [書評]
影の棲む城 / ロイス・マクマスター・ビジョルド [書評]

関連(するかもしれない)書籍

この記事へのコメント


コメントを書く
お名前: [必須]

メールアドレス:

ホームページURL:

コメント: [必須]



この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。