2006年05月04日

『読書速度測定』 [雑記帖]

読書速度測定 とあるキーワードについてNAMAANで検索をしていると、「Hot keywords」の欄に「読書速度測定」というキーワードを見かけた。特に新しいサービスというわけでもなさそうだが、最近、主に「はてな」で、口コミよろしく伝播しているらしい。佐吉も早速試してみた。

 最初のうちは、どこかそれと意識していた所為かやや高めの数字が出たが、何度か試してみたところ、普段の、つまり、それとは意識せずに読んでいるときの佐吉の「読書速度」は、どうやら1000文字/分くらいらしい。そしてこれは、普段習慣的に本を読んでいる人間としては、かなり低い数字のようだ。

 一般に、読書好きを自認される方には、読書量、蔵書量とともに、本を読む速さも自慢にされている方が多いように思う。そうした方であれば、特に速読など意識しなくとも、あたり前のように1500文字/分、2000文字/分といったスピードで本を読まれるのだろう。中には「オレは2500だ!」、「いやいや、オレ様は3000だ!!」という方もいらっしゃるかもしれない。

 まあ、人間、何に拠り所を求めようとその人の勝手だし、ここで佐吉が「速く読むことはそんなに重要なことなのか?」などと云ったところで、そうした方たちは負け惜しみと一笑に付すだけだろう。だから、そのことについてはコメントはしない。「はあ、そうですか」と思うだけである。

 ちなみに「読書速度測定」の解説には、『日本人の平均の読書速度』は『400〜600文字/分』とある。なるほど確かに、文章のリズムを味わうべく頭の中で音読するように読むと、ちょうどそれくらいになる。そして佐吉には、それくらいの速さで読むと、(美しい文章であれば)文章を辿るのが心地良く感じられる。斉藤某ではないけれど、確かに音読するのが心地良い文章というのはあるのだなあ、と思う。一方で、1500文字/分くらいで読むと、文章の意味はとれるのだが、なんだか国語の試験で読解問題でも解いているようであまり楽しくない。

 まあ、速読ができればそれなりにメリットがあるんだろうとは思うけど、佐吉は特に本を速く読めるようになりたいとは思わない。普段でも時折、さらにゆっくり読みたいと思うことがあるくらいなのだ。そして、そう思わせてくれるような文章に出会ったときには、なんだかちょっと幸せな気分にさえなれる。

 誤解のないように云っておけば、佐吉は決して「読書速度」を自慢にされている方にとやかく云うつもりはないし、ましてや「速読」を批判するなど毛頭ない。ただ、佐吉は普段このくらいの速さで読んでいるというだけの話である。以上、阿呆の戯言と軽く聞き流していただければ幸いである。

関連(するかもしれない)書籍

この記事へのコメント

佐吉さま
コメントまで頂いて、ありがとうございました。
恐縮しております。
私も、この読書速度測定のキーワードが1位になったのを見て、成分分析を思い出しました。
やはり、口コミの力は凄いですね。
私は、あまり統一性のない記事を書いているので、かなり色々なキーワードで人がやってきます。
面白いですね。ほとんどの方がスルーしていきますけど(汗

ゆっくりと読む。それでいいと思います。
沢山読みたい本がある人は速度も良いかもしれませんが、好きな本をじっくりと読む人にとっては、必要ないでしょうね。

私は、速聴の方が気になります
それでは、応援してかえります☆

Posted by あさひ at 2006年05月06日 22:46
こちらこそ、あらためてコメントいただき、恐縮です。お返事が遅くなってしまい、申し訳ありません。

ウチはご覧の通り読書系のブログなので、界隈には読書家やら本の虫やら活字中毒やらが大勢います。そうするとどこか、本をたくさん読んでる奴がエラい、いっぱい持ってる奴がエラい、速く読める奴がエラい、なんて風潮があるように感じられます。この話題は、そうした風潮への反発から取り上げたようなところがあります。上にも書いたとおり、速さを自慢にしている人たちにとやかく云うつもりはありませんが…。

ウチも色々な方が色々なキーワードで検索してきては素通りしていきます。面白いのは、学校の夏休みや冬休みになると「読書感想文」で検索してくるケースが急増することです。きっと宿題を抱えた子供たちなのでしょうが、ウチはそういう目的にはあまり役に立ちそうもなく、ちょっと申し訳ないような、と同時にどこか「ざまあみろ」という気がします(マテ)。

Posted by 佐吉 at 2006年05月10日 00:21

コメントを書く
お名前: [必須]

メールアドレス:

ホームページURL:

コメント: [必須]



この記事へのトラックバック

読書速度測定をやってみた
読書速読測定に関する記事を書きましたので、トラックバックさせていただきました。都合が悪いようでしたら、削除してください。byあさひ

負け犬の逆転劇!非常識アフィリエイトの妙 at 2006-05-06 18:57

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。