2006年06月05日

「ダーク・タワー」プレミア・ブックが届いた! ヽ(^▽^ ノ [雑記帖]

コロラド・キッドコロラド・キッド
スティーヴン・キング / Stephen King
白石朗

文庫本, 新潮社, 2006/06 (非売品)

 スティーヴン・キング『ダーク・タワー』シリーズの「プレミア・ブック・プレゼント」の賞品『コロラド・キッド』が届いた。これは『ダーク・タワー』シリーズの刊行記念で、『ダーク・タワー I 〜 III 』の計5冊を買うと応募できるというもの。佐吉も4月末にこれに応募していた。

 表紙は真っ黒で、そこだけテクスチャーを変えたステンシル風の書体で「THE COLORADO KID / STEPHEN KING / TRANSLATED BY RO SHIRAISHI / SHINCHO BUNKO SPECIAL」とある。そう、訳はなんと白石朗。これにもちょっとびっくり。なんだかシークレット・ゲストみたいだ。

 開いてみると、中身はれっきとした新潮文庫の体で、本文約220ページ。評論家吉野仁の15ページに渡る解説も載っている。その解説によると、この作品は『ダーク・タワー』シリーズとは直接関係がなく、昨年10月、「ハード・ケース・クライム」叢書からペーパーバック書き下ろしで発表されたもので、『契約上の理由で単独での刊行は許されておらず、プレミア・ブックとして読者にプレゼントする企画のみが通った』ということだ。同じく冒頭には、『あなたが、この貴重な一冊を手に入れることができた幸運に祝福を!』とある。それを見て、思わずにんまりしてしまう佐吉。

 前にも云ったように、『ダーク・タワー』シリーズは、佐吉が初めて読むキング作品である。このあまりにも有名な作家の作品を、佐吉はこれまでまったく読んだことがなく、一度くらい読んでみようか、そしてどうせ読むなら中央突破、彼のライフワークとも云われるこの作品を読んでやろう、と思ったのだった。

 一万冊プレゼントというこの企画にどれくらいの応募があったのかはわからないが、中には、残念ながら当選しなかった熱烈なキング・ファンの方もいらっしゃるかもしれない。そう思うと、キング初心者の佐吉がこの本を受け取って良いのかしらん、などとも思う。思うけれどもやっぱりうれしい。ありがたく、じっくり楽しませてもらうことにする。

 なお、当たり前だけど原書の『The Colorado Kid』は普通に入手可能。参考までに。

The Colorado Kid (Hard Case Crime)The Colorado Kid (Hard Case Crime)
Stephen King

ペーパーバック, Leisure Books (Mm), 2005/10/04

関連(するかもしれない)記事
ダーク・タワーI ガンスリンガー / スティーヴン・キング [読書日記]
これがキング版「どこでもドア」か… (◎_◎; [読書日記]
ダーク・タワーII 運命の三人〈上〉 / スティーヴン・キング [読書日記]
ダーク・タワーII 運命の三人〈下〉 / スティーヴン・キング [読書日記]

関連(するかもしれない)書籍

この記事へのコメント


コメントを書く
お名前: [必須]

メールアドレス:

ホームページURL:

コメント: [必須]



この記事へのトラックバック

『コロラド・キッド』
キング「ダーク・タワー」シリーズ刊行中の新潮社が実施していたプレミア・ブック『コロラド・キッド』プレゼントに無事当選。シリーズの文庫本に応募券がついていて、まあ、プレゼントは一万冊だから当選確率はそう..

新世紀活動大写真 at 2006-06-06 18:40

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。