2005年03月25日

灰色の輝ける贈り物 / アリステア・マクラウド [書評]

灰色の輝ける贈り物灰色の輝ける贈り物
アリステア・マクラウド / Alistair MacLeod
中野恵津子

単行本, 新潮社, 2002/11

 デビュー以来31年間で発表した作品がわずかに短編16編という、カナダの「知られざる偉大な作家」アリステア・マクラウド。カナダ国内でさえ知る人ぞ識る存在だった彼は、1999年に上梓した初の長編『No Great Mischief(邦題「彼方なる歌に耳を澄ませよ」)』によって広く知られるところとなり、その後、その16編を年代順に収録した短編集『Island』が刊行された。本書には、そのうちの前半8編が収められている。

 作品のほとんどは、彼の育ったケープ・ブレトン島を舞台にしている。『赤毛のアン』で有名なプリンス・エドワード島の東に位置する島である。美しい自然に囲まれ、「世界で一番眺望の美しい島」と評される一方、冬には雪と氷に閉ざされる極寒の土地でもある。住民の多くはスコットランドからの移民の子孫で、ゲール語に代表されるケルト文化を伝承しつつ、永く漁業と採炭と畜産とによって生活を営んできた。

 マクラウドは、そこに暮らす人々をまさにその大自然のような慈しみと冷徹さをもって描く。厳しい自然条件ゆえの貧しく不安定な生活。過酷で危険な労働。死は常に身近にあり、それゆえ生命の営みには真摯な眼差しが向けられる。彼らにはほかに生きるすべはなく、そしてそれは時代の変化とともに失われてゆく生き方でもある。

 とはいえマクラウドの視点は、そうした生活のつらさを訴え、自己憐憫に浸ろうというものでは決してない。それは、そのような生活が、そうすることしかできないのと同時に、彼らが敢えて選んだ生き方でもあるからだ。彼らは、それがやがて失われる運命にあることを受け入れつつ、それでもなお自らの生き方を全うしようとする。深い哀しみの底には、自分たちの人生を必死に生きる誇りと力強さを湛えている。

 マクラウドは、そうした生活を背景に、彼らの心情をありありと読者の眼前に浮かび上がらせる。家族や動物への深い愛着。世代間の絆と葛藤。時代を越えて受け継がれるもの。時代の変化を受け入れることのやるせなさと後ろめたさ。そこに留まり続けることの誇らしさと哀しさ。

 作品の多くは、息子や孫の目を通して、父や母、祖父母の姿を描いている。息子や孫たちの多くは、都会に出てホワイトカラーの職業に就く道を選ぶ、あるいは選び得る立場にある。それゆえ、彼らは島での生活の当事者であると同時に、そこからやや距離を置いた傍観者の視点をも持っている。それはおそらく、大学教師を生業とするマクラウド自身の視点でもあったろう。彼の抑制の効いた筆致はそのことに多く負っているように思われる。そしてだからこそ、彼らの生活を直接には知らない我々にも強く響くものがあるのだろう。彼らの痛みや哀しみ、そして気高さが、当事者としてひたすら我が身を語られるより、はるかに深く心に沁み込んでくる。

 過剰な修辞はなく、文体は終始穏やかだが、簡潔な一節一節から思いがけず豊かなイメージが広がってゆき、しばしばはっとさせられる。名匠が丹念に造り込んだ工芸品のような味わいと輝きがあり、同時に、永く語り継がれてきた民話のような響きとぬくもりがある。ゆっくり噛み締めながら読みたくなる作品である。本書を手にした読者はきっと何度も読み返すことだろう。そして読み返すたびに、その世界が深まってゆくに違いない。

Island: The Complete StoriesIsland: The Complete Stories
Alistair MacLeod

ペーパーバック, Vintage Books, 2002/03/12


関連(するかもしれない)書籍

この記事へのコメント


コメントを書く
お名前: [必須]

メールアドレス:

ホームページURL:

コメント: [必須]



この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。