2005年03月05日

壬生義士伝 / 浅田次郎 [書評]

壬生義士伝 上壬生義士伝 上
浅田次郎

単行本, 文藝春秋, 2000/04

 主人公吉村貫一郎は、無名だが実在の新選組隊士。南部盛岡藩を脱藩し、新選組に入隊、のちに同藩から切腹を命じられたというのも史実らしい。が、詳しい記録は残されていない。したがって本書はもちろんフィクションだが、そのわずかな史実から、これだけの物語を創出した浅田の構想力にまず驚かされる。

 物語は、それから約半世紀ののち、新聞記者と思しき人物が貫一郎を知る人々を訪ね歩き、聞き書きをする、あるいは彼らからの手紙を読むという形で語られる。ただし、それでいて小説らしい修辞が随所に散りばめられ、聞き書きや手紙として読むにはいささか饒舌すぎる文体がやや鼻につく。また、話はとてもゆっくりとした足取りで主人公に近づいていくため、最初のうちは物語の輪郭がなかなか浮かんでこず、もどかしさを覚えるところもないではない。

 しかし、それらの聞き書きや手紙を、あたかも連作短編集のように読み進めるうちに、まさに遠い記憶を辿るように、忠義や政治的信念のためでなく、ひたすら家族のために人を斬り続けた貫一郎という人物が、少しずつその輪郭をあらわにしてゆく。複数の語り手にそれぞれの視点で語らせることによって、ちょうど物体が様々な角度から見ることで立体的に見えるように、それはやがて読者の眼前にくっきりと等身大の像を結ぶ。

 何のために生きるべきかと絶えず自らに問いかけ、その答えを探し続けた貫一郎。家族愛とか武士道とか既存の言葉でくくるのがはばかられるほど、貫一郎は真摯に問いかけ、一片のいつわりもない自らの内なる声に耳を傾け、それを貫こうとする。貫一郎の置かれた境遇、貫一郎を取り巻く時代背景のすべてが、そんな彼にとって逆風だったと云ってもいい。しかし、それでもなお頑ななまでに、貫一郎はその声に忠実であり続ける。

 評者は浅田の他の作品を読んでいない。しかし、泣かせる話が浅田の持ち味だとは聞いている。そのための技巧に長けているという話も聞く。たしかにこの作品にも、そういった仕掛けが透けて見える部分がないでもない。が、そうとわかっていても、やはり押しきられ、泣かされてしまう。人間の最も崇高な部分を見る思いがし、それを見つめることはこんなにも悲しいのかと思う。何度でも読み返すことができ、そのたびに泣かされる作品だろう。

 ちなみに、この物語の聞き手が誰なのかは結局最後まで明かされない。新選組三部作の著者子母澤寛だとする見方もあるし、単に一記者として片付けてしまうこともできる。あるいは、読者がそこに自身を置いて読むべきなのかもしれない。だが一方で、聞き手と貫一郎との関連を匂わせた部分もある。それが誰なのかを想像しながら読むのもまた一興かもしれない。

壬生義士伝 下壬生義士伝 下
浅田次郎

単行本, 文藝春秋, 2000/04
壬生義士伝 上壬生義士伝 上
浅田次郎

文庫本, 文藝春秋, 2002/09
壬生義士伝 下壬生義士伝 下
浅田次郎

文庫本, 文藝春秋, 2002/09


関連(するかもしれない)書籍

この記事へのコメント


コメントを書く
お名前: [必須]

メールアドレス:

ホームページURL:

コメント: [必須]



この記事へのトラックバック

「壬生義士伝」 浅田次郎
著者: 浅田 次郎 タイトル: 壬生義士伝 上 文春文庫 あ 39-2 「幕末ものは手垢がついているから書かない」。 「一夢庵風流記」で柴田錬三郎賞を受賞した隆慶一郎はかつてそのような..

辻斬り書評  at 2005-06-17 01:10
読書感想「壬生義士伝」
読書感想「壬生義士伝」 壬生義士伝 上 文春文庫 あ 39-2 壬生義士伝 下 文春文庫 あ 39-3 【はてなダイアリー】http://d.hatena.ne.jp/asin/4167646..

三匹の迷える羊たち at 2005-07-07 14:36
浅田次郎『壬生義士伝』
新撰組にあって愚直なまでに義を貫く主人公、元南部藩吉村貫一郎。家族へ向けたひたむきな愛、武士として漢としてその志を貫く姿を描いたこの作品は映画化もされましたが、とにかく読みながら嗚咽するほど泣かされた..

日々のことわり at 2007-03-13 10:34

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。