2005年07月25日

杉浦日向子氏死去 [訃報]

 今日の午後、あまりにも悲しい報せが飛び込んできた。元漫画家で江戸風俗研究家の杉浦日向子氏が、22日未明、下咽頭癌のため、入院先の千葉県柏市内の病院で亡くなられた。享年46歳。

 まさに寝耳に水だった。佐吉は、漫画家時代から彼女のファンだった。彼女の漫画家引退宣言はとても残念に感じたものだったが、その後の江戸風俗研究家としての活動には、その成果にも、また彼女の生き方そのものにも、さらに強く惹かれるものがあった。

 正直、まだ訃報が信じられない。かつてのNHKのTV番組『コメディーお江戸でござる』での、彼女のトークが脳裏に浮かんでくる。またどこかで、あのにこやかな表情と軽妙なおしゃべりで、あるいは楽しい文章とイラストで、江戸の様々な風俗を紹介してくれるように思えてならない。

 そのあまりにも早すぎる死に、驚きと悲しみとで、コメントする言葉が見つからない。今はただご冥福を祈るばかりである。

関連(するかもしれない)記事
一日江戸人 / 杉浦日向子 [書評]
百物語 / 杉浦日向子 [書評]
江戸アルキ帖 / 杉浦日向子 [読書日記]
お江戸でござる / 杉浦日向子 [読書日記]

関連(するかもしれない)書籍

この記事へのコメント


コメントを書く
お名前: [必須]

メールアドレス:

ホームページURL:

コメント: [必須]



この記事へのトラックバック

杉浦日向子
   またしても大好きな作家が亡くなってしまった。 杉浦日向子 46歳。 これからますます才能が円熟味を増して、滋味が加わるという年代になっての、突然の訃報である。 惜しい。 杉..

読書感情文 at 2005-07-27 12:15

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。