2009年03月24日

針の眼 / ケン・フォレット [書評]

針の眼針の眼
ケン・フォレット / Ken Follett
戸田裕之

文庫本, 東京創元社, 2009/02

 《ドイツはほぼ完璧に騙されていた――ただヒトラーのみが正しい推測をしていたのだが、彼は自分の勘を信じることをためらった……》

 エピグラフ(題辞)には、A・J・P・テイラー著『英国史1914-1945』の一節が引かれている。

 第二次大戦中の1944年6月6日、米英連合軍は、「史上最大の作戦」として知られるノルマンディ上陸作戦を決行し、戦局を決定づける成果を収めた。作戦の準備にあたって連合軍は、ドイツ軍に上陸地点がノルマンディではなくパ・ドゥ・カレーであると思い込ませるための大規模かつ周到な偽装作戦を展開した。中でもとりわけ奏功したのは、ドイツ軍から連合軍に寝返った二重スパイたちの存在だった。連合軍は、ドイツ軍が送り込んだスパイをことごとく摘発し、さらにその一部を指揮下に置き、ドイツに偽の情報を送らせていたのである。

 と、ここまでは紛れもない史実である。だが一方で、ごく少数ながら、イギリス情報部の捜査の網を掻い潜ったスパイがいたことも知られている。もしその中に、ドイツに真の情報を伝えた者が一人でもいたとしたら……。続きを読む
2009年03月04日

ぼくと1ルピーの神様 / ヴィカス・スワラップ [書評]

ぼくと1ルピーの神様ぼくと1ルピーの神様
ヴィカス・スワラップ / Vikas Swarup
子安亜弥

文庫本, ランダムハウス講談社, 2009/02/20

 映画『スラムドッグ$ミリオネア』の原作(ただし設定やストーリーは、映画とは若干異なる)。

 ムンバイ(旧ボンベイ)のスラム街に暮らす18歳のウェイター、ラム・ムハンマド・トーマスは、クイズ番組に出場し、みごと全問正解、10億ルピーという史上最高額の賞金を獲得する。けれど賞金の支払いをしぶる番組制作会社は、孤児として育ち、ろくに教育も受けていないラムがすべての問題に答えられるはずがない、不正があったに違いないと云いがかりをつけ、ラムを訴える。

 しかし、ラムの全問正解にはちゃんと理由があった。出題された問題は、彼がこれまでの人生において図らずも知り得たことばかりだったのである。ラムは制作会社に買収された警察の拷問を受け、嘘の供述書にサインさせられそうになるが、間一髪、そこに現れた見知らぬ女性弁護士に救い出される。事情が呑み込めないまま弁護士の自宅に保護されたラムは、「幸運の1ルピーコイン」を投げて彼女を信じることに決め、それぞれの難問の答えをどうして知っていたのかを、彼女に語りはじめる。続きを読む
2009年02月06日

死者の短剣 惑わし / ロイス・マクマスター・ビジョルド [書評]

死者の短剣 惑わし死者の短剣 惑わし
ロイス・マクマスター・ビジョルド / Lois McMaster Bujold
小木曽絢子

文庫本, 東京創元社, 2008/12

 傷心を抱えて家を飛び出し、繁華な街を目指してひとり街道を歩いていた〈地の民〉の娘フォーンは、途中立ち寄った農家で〈湖の民〉の警邏隊を見かけた。

 この地に暮らす二つの種族、〈地の民〉と〈湖の民〉。〈湖の民〉には、〈地の民〉にはない特殊な能力があり、彼らはその能力を活かして、〈枯死の魔物〉と呼ばれる悪鬼とその手下である泥びとから人々を守るべく、常に各地を見回っている。けれど〈地の民〉の中には、そんな謎多き〈湖の民〉を、「魔法使い」と呼んで怖れたり忌み嫌ったりする者もいた。フォーンもまた何とはなしに彼らに近寄りがたさを覚え、じっと身を潜めていた。

 あくる日、逃走した泥びとを追って馬を駆っていた〈湖の民〉の警邏員ダグは、谷間にこだまする叫び声を耳にした。悪鬼や泥びとなど子供だましの作り話にすぎないと思っていたフォーンが、近寄ってくる男たちがそれとは気付かず、彼らに拉致されてしまったのだ。続きを読む
2009年01月21日

サイモン・アークの事件簿 1 / エドワード・D・ホック [書評]

サイモン・アークの事件簿 1サイモン・アークの事件簿 1
エドワード・D・ホック / Edward D. Hoch
木村二郎

文庫, 東京創元社, 2008/12

 昨年(2008年)77歳でこの世を去ったエドワード・D・ホックは、生涯現役をつらぬき、50余年にわたる作家生活において900編余りの作品をものした短編ミステリの名手だった。謎を解くための手掛かりを読者にフェアに提示する本格ミステリを得意とし、緻密な論理展開によってあざやかに解明への道筋を示してみせるその作風から、「古典的犯人当てミステリの王様」とも称され(エラリー・クイーンズ・ミステリ・マガジン)、2001年には短編主体の作家としてはじめて、MWA(アメリカ探偵作家クラブ)の巨匠賞を受賞している。

 ホックには、邦訳が刊行されている「怪盗ニック」シリーズや「サム・ホーソーン」シリーズをはじめ、20以上のシリーズ作品がある。その中でもっとも息が長く、ホック自身もっとも愛着を感じていると語っていたのが、この「サイモン・アーク」シリーズである。ホックを代表するシリーズの一つでもあるこのオカルト探偵シリーズは、彼のデビュー作『死者の村』(1955年)に始まり、以来半世紀以上にわたって61編が書きつがれてきた。続きを読む
2008年12月29日

影の棲む城 / ロイス・マクマスター・ビジョルド [書評]

影の棲む城 上影の棲む城 上
ロイス・マクマスター・ビジョルド / Lois McMaster Bujold
鍛治靖子

文庫本, 東京創元社, 2008/01

 先にご紹介した『チャリオンの影』に続く、ロイス・マクマスター・ビジョルドの異世界ファンタジー「五神教シリーズ」三部作の第二弾。前作ではチャリオン王家の呪われた歴史の語り部として地味な役どころを演じていた国太后イスタが、今回は、ファンタジーには珍しい40歳の女性主人公として、獅子奮迅の活躍をする。2004年に米国の三大SFファンタジー文学賞、ヒューゴー賞、ネビュラ賞、ローカス賞を独占した異色の冒険活劇ファンタジーである。

 今では宰相の座に就いているカザリルらの活躍により、チャリオン王家にかけられた呪詛が解かれて三年。先々王の妻であり現国主の母であるイスタは、故郷ヴァレンダ城で穏やかな日々を過ごしていた。ところが老母バオシア藩太后の死に臨んで、イスタは不意に絶望的な虚無感を覚えた。居たたまれなくなったイスタは、周囲の反対を押しきり、巡礼を口実に、わずかな従者を伴って贖罪の旅に出た。続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。