2008年09月27日

エヴァ・ライカーの記憶 / ドナルド・A・スタンウッド [書評]

エヴァ・ライカーの記憶エヴァ・ライカーの記憶
ドナルド・A・スタンウッド / Donald A. Stanwood
高見浩

文庫本, 東京創元社, 2008/08

 著者のドナルド・A・スタンウッドは1950年カリフォルニア州生まれ。本作『エヴァ・ライカーの記憶』は1978年に刊行された彼のデビュー作である。スタンウッドは、ハイスクール時代に得た着想をもとに、オレンジ・コースト・カレッジの創作科に在籍していた20歳のときから8年の歳月をかけて、この長大なミステリを書き上げたという。翌1979年には日本でも紹介され、その年の「週刊文春傑作ミステリー・ベスト10」で第4位に輝いている。しかしながらスタンウッドは、その後凡庸な作品を1本発表したきり表舞台から姿を消している。つまり、『エヴァ・ライカーの記憶』はスタンウッド一世一代の作品なのである。

 邦訳はのちに絶版となり、長らく復刊を望む声が高かったが、ここにきてようやくそれが実現した。本書の解説で書評家の川出正樹は、本格ミステリ、ハードボイルド、サスペンス、冒険小説、パニック小説など、エンターテインメントのさまざまな要素を包含したオールタイムベスト級の傑作、と、やや舞い上がり気味にこの作品を絶賛している。続きを読む
2008年09月21日

つなみ−THE BIG WAVE / パール・S・バック [書評]

つなみ−THE BIG WAVEつなみ−THE BIG WAVE
パール・S・バック / Pearl S. Buck
黒井健, 北面ジョーンズ和子他

単行本, 径書房, 2005/02

 パール・サイデンストリッカー・バック(パール・バック)は、1892年ウェスト・ヴァージニア州に生まれ、生後間もなく宣教師の両親とともに中国に渡り、幼少期を江蘇省鎮江に過ごした。その後アメリカの大学を卒業し、南京大学で英文学を教えるかたわら執筆活動を始め、1931年、のちに彼女の代表作となる『大地』でピュリツァー賞を受賞し、1938年にはアメリカ人女性として初めてノーベル文学賞を受賞している。

 ちなみにパール・バックには、重度の知的障害を持つ娘がいた。1950年に婦人雑誌に寄稿した手記(『母よ嘆くなかれ』)で、パール・バックはその母親としての苦悩の日々を告白し、娘キャロルの存在が彼女の創作の原点だったと語っている。パール・バックは、ノーベル賞の賞金や著書の印税など収入のほとんどを養護施設に投じ、自らも娘のほかに7人の戦争孤児を養育した。社会活動においては東西の公平な交流に尽力した人格者でもあった。続きを読む
2008年09月13日

チャリオンの影 / ロイス・マクマスター・ビジョルド [書評]

チャリオンの影 上チャリオンの影 上
ロイス・マクマスター・ビジョルド / Lois McMaster Bujold
鍛治靖子

文庫本, 東京創元社, 2007/01/30

 ロイス・マクマスター・ビジョルドは、1986年のデビュー以来、未来の宇宙を舞台にした軍事SF 『ヴォルコシガン・サガ』シリーズで、アメリカの主要なSF文学賞を次々に受賞し、今やアメリカSF界に確固たる地歩を占める作家である。同シリーズは、それぞれに個性的な登場人物の魅力と、ぐいぐいページを繰らせるストーリーテリングの巧さとによって、多くの読者をとりこにしている。

 本書はそのビジョルドが満を持して発表した、「五神教シリーズ」と題する異世界ファンタジー三部作の第一弾である。物語の舞台となるイブラ半島は、いくつものキリスト教国が林立し、イスラム勢力と激しい覇権争いを繰り広げた中世のイベリア半島をモデルにしているという。ちなみに口絵にあるイブラ半島の地図は、ちょうどイベリア半島の南北を入れ換えた格好になっている。続きを読む
2008年07月10日

冬そして夜 / S. J. ローザン [書評]

冬そして夜冬そして夜
S. J. ローザン / S. J. Rozan
直良和美

文庫本, 東京創元社, 2008/06

 11月の深夜、突然の電話に私立探偵ビルは不吉な夢から現実に呼び戻された。電話はニューヨーク市警からで、窃盗の容疑で逮捕された少年が、彼の知り合いだと話しているという。警察署に赴いてみると、そこには妹ヘレンの息子ゲイリーがいた。今年15歳になる彼は、面立ちが若い頃のビルにそっくりだ。もっともビルは、妹の夫と折り合いが悪く、妹一家とはずっと疎遠で、彼らがどこに住んでいるのかさえ知らなかった。

 ともあれ甥との思わぬ再会を果たしたビルは、保護者としてゲイリーを自宅に連れ帰る。ハイスクールでアメフトをやっているという甥に、ビルは温かい食事を与え、穏やかな口調で家出の理由を尋ねる。しかしゲイリーは、「やらなければならないことがある」と答えるばかりで、さっぱり要を得ない。のみならず彼は、ビルが目を離した隙に寝室の窓を破って逃げてしまう。続きを読む
2008年06月27日

スカイシティの秘密 / ジェイ・エイモリー [書評]

スカイシティの秘密−翼のない少年アズの冒険スカイシティの秘密−翼のない少年アズの冒険
ジェイ・エイモリー / Jay Amory
金原 瑞人, 圷香織

文庫本, 東京創元社, 2008/06

 未曾有の大災害によって地表はすべて汚染され、生き残った人々は地上を捨て、上空数千メートルの雲の上に、巨大な柱によって支えられたスカイシティと呼ばれる都市郡を建設した。そしてそこに暮らす人々は、やがて天使のような翼を持ち、自由に空を飛べる天空人(エアボーン)へと進化していった。

 平和で豊かな天空人の暮らし。しかしそれは、見捨てたはずの大地から供給される資源や燃料によって支えられていた。けれど満ち足りた生活に慣れてしまった天空人たちのほとんどは、いつしかそれらが機械によって自動的に運ばれてくるものと思うようになっていた。

 そんな矢先、何者かの妨害によって物資の供給が滞り始めた。放っておけばスカイシティの存亡にも関わりかねない危急の事態だ。地上でいったい何が起きているのか。スカイシティの統治者にそれを調査すべく選ばれたのは、天空人でありながら生まれつき翼を持たない少年アズだった。生来社会的弱者として扱われてきたアズの身体的特徴が、すでに絶滅したとされている地上人(グラウンドリング)に酷似しているというのがその理由だった。そうしてアズは、天空人の誰一人降り立ったことのない地上に向かうエレベーターに乗り込んだ……。続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。