2006年06月13日

新潮クレスト・ブックスを読もう! [雑記帖]

巡礼者たち巡礼者たち
エリザベス・ギルバート / Elizabeth Gilbert
岩本正恵

単行本, 新潮社, 1999/02

 「新潮クレスト・ブックス」は、小説、エッセイ、ノンフィクションなどジャンルを問わず(と云っても、大半は小説だが)海外の優れた文芸作品を紹介し続けている、知る人ぞ識るシリーズである。新潮社公式サイトのクレスト・ブックスのページには現在29冊が紹介されており、絶版になったものも含めると、全部で54冊の既刊がある。

 佐吉が以前から所有していたクレスト・ブックスは20冊ちょっと。そのうちすでに読んだものが10数冊。さらにブログに書評を載せたものが5冊ある。さすがにそのすべてに深い感銘を受けたというわけではないが、それでもクレスト・ブックスは概してレベルが高く、はずれが少ない。ちなみに、勢い余ってmixiにそのコミュまで立ち上げてしまったジュンパ・ラヒリやアリステア・マクラウドも、このシリーズで知った作家である。

 いずれはこのシリーズを全部読みたい。漠然とだが、洋モノ好きの佐吉はずっとそう思っていた。そしてこの夏、ついにそれを実行に移すことにした。具体的にいうと、まだ入手していない作品を買い集め始めたのである。続きを読む
2006年06月05日

「ダーク・タワー」プレミア・ブックが届いた! ヽ(^▽^ ノ [雑記帖]

コロラド・キッドコロラド・キッド
スティーヴン・キング / Stephen King
白石朗

文庫本, 新潮社, 2006/06 (非売品)

 スティーヴン・キング『ダーク・タワー』シリーズの「プレミア・ブック・プレゼント」の賞品『コロラド・キッド』が届いた。これは『ダーク・タワー』シリーズの刊行記念で、『ダーク・タワー I 〜 III 』の計5冊を買うと応募できるというもの。佐吉も4月末にこれに応募していた。

 表紙は真っ黒で、そこだけテクスチャーを変えたステンシル風の書体で「THE COLORADO KID / STEPHEN KING / TRANSLATED BY RO SHIRAISHI / SHINCHO BUNKO SPECIAL」とある。そう、訳はなんと白石朗。これにもちょっとびっくり。なんだかシークレット・ゲストみたいだ。続きを読む
2006年05月04日

『読書速度測定』 [雑記帖]

読書速度測定 とあるキーワードについてNAMAANで検索をしていると、「Hot keywords」の欄に「読書速度測定」というキーワードを見かけた。特に新しいサービスというわけでもなさそうだが、最近、主に「はてな」で、口コミよろしく伝播しているらしい。佐吉も早速試してみた。

 最初のうちは、どこかそれと意識していた所為かやや高めの数字が出たが、何度か試してみたところ、普段の、つまり、それとは意識せずに読んでいるときの佐吉の「読書速度」は、どうやら1000文字/分くらいらしい。そしてこれは、普段習慣的に本を読んでいる人間としては、かなり低い数字のようだ。

 一般に、読書好きを自認される方には、読書量、蔵書量とともに、本を読む速さも自慢にされている方が多いように思う。そうした方であれば、特に速読など意識しなくとも、あたり前のように1500文字/分、2000文字/分といったスピードで本を読まれるのだろう。中には「オレは2500だ!」、「いやいや、オレ様は3000だ!!」という方もいらっしゃるかもしれない。続きを読む
2005年11月03日

ブックレビュー・コンテスト応募顛末 [雑記帖]

 ご存知の方も多いだろうが、エキサイト・ブックスブックレビュー・コンテストなるイベントが催されていて、先日その結果発表があった。このコンテストは、エキサイト・ブログのユーザーを対象としたもので、トラックバックで参加するというユニークな形をとっている。実は佐吉も、こことは別にエキサイトにブログを立ち上げ、スティーヴン・ミルハウザーの『エドウィン・マルハウス』の書評でこれに応募していた。

 いきなり結果から云うと、佐吉の書評は、フリースタイル部門・書評部門から各5作ずつの一次選考には残ったが、入賞はならなかった。見れば他の応募者の方の多くが自分の書評への評価についてコメントされているので、佐吉もここでそうしてみようと思う。以下に、審査委員の豊崎由美氏、仲俣暁生氏の選評から、佐吉の書いたレビューに言及されている部分を引用してみる。なお、文中(6'-5)と呼ばれているのが佐吉の書いたレビューである。まずは書評部門の選評から。続きを読む
2005年08月18日

読書感想文? 読書感想文はここにはないよぉ [雑記帖]

僕が批評家になったわけ僕が批評家になったわけ
加藤典洋

単行本, 岩波書店, 2005/05/21

 アクセス解析を眺めていると、「読書感想文」あるいは「作品名 + 読書感想文」で検索してくるケースが目立つ。それも、このところ急激に増えている (サイドバーで『読書感想文トラックバック広場』というサイトにリンクが貼ってあるので、ウチのブログのすべてのページがこれに引っ掛かるのだ)。大方、夏休み中の中学生や高校生が、ネットで探した感想文を参考に、あるいはそれを丸写しして、宿題の読書感想文を体よく仕上げてしまおうという腹なのだろう。ったく、近頃のガキどもときたら…… (-_-メ

 と考えたところでふと思い至った。よくよく考えてみれば、佐吉自身、夏休みの宿題といえば、終わり間際になって大慌てで友人たち (特に真面目にやっていそうな女の子たち) に写させてもらうのが常だった。しかし、読書感想文ばかりは友達のを丸写しというわけにはいかない。さすがに同じ感想文が二つあれば、どんなに間抜けな教師だってそれと気付くだろう。だが、ネット上にある感想文のパクリなら、上手くやればバレないかもしれない。もちろん、当時、インターネットなどという便利な代物はなかったが、あればきっと佐吉も彼らと同じことをしていたに違いない。前言撤回。生徒諸君、夏休みの宿題、ご苦労さん。こんなサイトでも何かの役に立つことがあれば、大いに活用してくれ給へ。あっはっは……。続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。