2009年01月21日

サイモン・アークの事件簿 1 / エドワード・D・ホック [書評]

サイモン・アークの事件簿 1サイモン・アークの事件簿 1
エドワード・D・ホック / Edward D. Hoch
木村二郎

文庫, 東京創元社, 2008/12

 昨年(2008年)77歳でこの世を去ったエドワード・D・ホックは、生涯現役をつらぬき、50余年にわたる作家生活において900編余りの作品をものした短編ミステリの名手だった。謎を解くための手掛かりを読者にフェアに提示する本格ミステリを得意とし、緻密な論理展開によってあざやかに解明への道筋を示してみせるその作風から、「古典的犯人当てミステリの王様」とも称され(エラリー・クイーンズ・ミステリ・マガジン)、2001年には短編主体の作家としてはじめて、MWA(アメリカ探偵作家クラブ)の巨匠賞を受賞している。

 ホックには、邦訳が刊行されている「怪盗ニック」シリーズや「サム・ホーソーン」シリーズをはじめ、20以上のシリーズ作品がある。その中でもっとも息が長く、ホック自身もっとも愛着を感じていると語っていたのが、この「サイモン・アーク」シリーズである。ホックを代表するシリーズの一つでもあるこのオカルト探偵シリーズは、彼のデビュー作『死者の村』(1955年)に始まり、以来半世紀以上にわたって61編が書きつがれてきた。続きを読む
2009年01月17日

きのこ文学大全 / 飯沢耕太郎 [書評]

きのこ文学大全きのこ文学大全
飯沢耕太郎

新書, 平凡社, 2008/12

 なんとも風変わりなタイトルだが、決して奇を衒っているわけではない。冒頭の「きのこ文学宣言」で飯沢は云う。
 図書館などに行くと、きのこについての本はたいてい自然科学のコーナーに分類されている。かねがね、人文系のきのこ図書がまったくないことに大きな不満を抱いていた。後で詳しく見るように、きのこのイメージは文学作品の中で見過ごすことのできないユニークな場所を占めている。
 どういうことか。

 きのこは実に多彩で奇妙な生き物だ。学名のついているものだけでも2万〜3万種、実際には50万種以上のきのこが存在すると推定され、その色も形も大きさも千差万別。食材や薬種として珍重されるものもあれば、深刻な中毒症状をもたらす毒きのこもある。およそきのこほど変異体の多い生き物は他になく、極言すれば、その一本一本が独立種だということさえできる。きのこについてはまだまだわからないことが多く、その存在自体がなんとも謎めいていて蠱惑的である。続きを読む
2008年12月29日

影の棲む城 / ロイス・マクマスター・ビジョルド [書評]

影の棲む城 上影の棲む城 上
ロイス・マクマスター・ビジョルド / Lois McMaster Bujold
鍛治靖子

文庫本, 東京創元社, 2008/01

 先にご紹介した『チャリオンの影』に続く、ロイス・マクマスター・ビジョルドの異世界ファンタジー「五神教シリーズ」三部作の第二弾。前作ではチャリオン王家の呪われた歴史の語り部として地味な役どころを演じていた国太后イスタが、今回は、ファンタジーには珍しい40歳の女性主人公として、獅子奮迅の活躍をする。2004年に米国の三大SFファンタジー文学賞、ヒューゴー賞、ネビュラ賞、ローカス賞を独占した異色の冒険活劇ファンタジーである。

 今では宰相の座に就いているカザリルらの活躍により、チャリオン王家にかけられた呪詛が解かれて三年。先々王の妻であり現国主の母であるイスタは、故郷ヴァレンダ城で穏やかな日々を過ごしていた。ところが老母バオシア藩太后の死に臨んで、イスタは不意に絶望的な虚無感を覚えた。居たたまれなくなったイスタは、周囲の反対を押しきり、巡礼を口実に、わずかな従者を伴って贖罪の旅に出た。続きを読む
2008年10月22日

金春屋ゴメス / 西條奈加 [書評]

金春屋ゴメス金春屋ゴメス
西條奈加

文庫本, 集英社, 2008/09/30

 時代小説や時代劇は、いつの世にも多くの日本人に愛されてきた。しかし云うまでもなく、現在、実際にその時代を体験した人はいない。ならば、たとえば江戸を舞台にした作品であれば、現代人がそこに感じるリアリティの拠り所は、かつて現実に存在した江戸ではなく、現代人が思い描くイメージとしての江戸だと云えるだろう。極端な話、歴史上の事実からは大きく乖離していても、現代人にとってはむしろそのほうがリアルに感じられる、という事柄さえあるかもしれない。

 そのように、歴史上の事実としての江戸を下敷きに、現代人に向けて江戸のイメージを創出したものが通常の時代小説だとすれば、この小説は、イメージとしての江戸を背景に、まったくの異世界を構築した作品と云うことができる。そしてまさにそのことが、この異色作がファンタジーたる所以であり、この作品の最大の魅力である。続きを読む
2008年10月10日

こんな話を聞いた / 阿刀田高 [書評]

こんな話を聞いたこんな話を聞いた
阿刀田高

文庫本, 新潮社, 2007/08

 すべてが「こんな話を聞いた。」という一文で始まる、18のショートストーリーを収めた短編集。いずれもくだんの書き出しに続いて、ときに怪談めいた、またときに寓話のような、なんとも奇妙なエピソードがみじかく紹介され、それに続いて本編が綴られてゆく。

 それぞれの話の舞台はしかし、そんな逸話とは何の関係もなさそうな、ありふれた日常の風景だ。登場する人物も皆ごく普通の人たち。けれど決して紋切り型というのではない。登場人物の一人ひとりが実に丁寧に造形されていて、彼らの背後にそれぞれが歩んできた人生さえほの見える。簡潔で的確な描写によって、特別ではないがユニークな存在としての彼らがすっと脳裏に像を結ぶ。冒頭の逸話の余韻を残したまま、そうしてさりげなく始まるリアルな物語に、白昼夢からふと現実に引き戻されたような感覚を覚える。続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。